中学受験のデメリット

中学受験にデメリットはあるのでしょうか?それは中学受験に子供を挑戦させることによっておこる子供との関係悪化と、中学受験の勉強によって子供が自信をなくす恐れがあるということです。

 

中学受験での出題範囲はとても広く、建前では小学校の学習指導要項からの出題ということになっていますが実際は学校に通っているだけでは合格は難しいというのが現状なのです。そのためどうしても塾通いなどの学校の外での勉強が必要になってきますし、その勉強量も遊びたい盛りの小学生にとっては、とてもストレスが溜まる作業になるでしょう。塾にいけば、合格のために膨大な量の宿題がでますし、テストも学校のそれとは比べ物になりません。その中で生き残っていくことを強いられるのはとてもつらいことなのです。

 

そんな中で勉強についていけないという状況が出てくるのは仕方のないことなのですが、こうなってしまった子供は自分に自信をなくしてしまって自暴自棄になってしまう可能性もあります。しかし、塾での勉強は終わりません。周囲に差がついていき、出来ないテストを毎日のようにやらされ、そのたびに怒られていては子供の神経が持つわけがありません。このような時に親がさらに追い打ちを掛けてしまうと親子関係にヒビがはいってしまいます。子供のがんばりには親の存在が不可欠なため、自信を無くしているときに親にまで怒られてしまうとさらに無気力になってしまうのです。中学受験だけでなく勉強が原因で親子関係が悪くなってしまうケースが増えています。中学受験は良いですが本当に子供に必要な行動はなんなのか、子供を思ってやっていることが裏目に出てはいないのか?そこのところを忘れないようにしたいものです。

中学受験合格なんてどうでもいい

子供が自信を無くしているとき、子供は勉強ができない自分は駄目な自分、勉強ができなくて親の期待に答えて合格ができない自分は駄目なんだと思っています。しかし、実際はどうでしょう。中学受験に失敗したからといって、勉強の理解が少し遅いからといってそれが悪いことでしょうか?そうではありませんね。大事なことは中学受験に合格するという結果よりも、中学受験を目指してがんばったという課程なのです。

 

確かに、勉強しても思うように成績が上がらなかったり、理解が他の人より遅く取り残されてしまう場合もあるでしょう。そしてそのことを誰にも相談できなければ、どんどんストレスが溜まっていって勉強が嫌になってくるでしょう。親は自分の子供をよく観察し、コミュニケーションをとってそうなっていることを解ってあげなくてはいけません。そして状況を良くするためにはどうすればよいのかを一緒に考えてあげましょう。場合によっては、親が遅れた分を取り戻してあげるぐらいの気持ちでいなければなりません。中学受験は子供だけではなく家族みんなで取り組むべき物なのです。解らないところが合ったときそれを親に相談できる、状況というのは子供にとってとても助けになります。自分が解らなくても塾の先生に相談することだって出来るでしょう。

 

中学受験を目指してがんばろうという時に、うちの子をどうして出来ないんだろう等とネガティブになってしまっては絶対に上手くいきません。もし合格したとしてもその後に必ず悪い影響を及ぼします。ただでさえ日々の勉強で子供は大変なのですから親は味方になってあげなければ子供が持ちません。合格できなくても親子でがんばって1つの目標に向かっていくということは必ず子供にとってプラスになります。中学受験は人生の1つの選択に過ぎないのであって、合格することがすべてではないということ、大切なのは大きな目標に向かって努力をするという姿勢だということを、中学受験を通して子供に伝えることができれば親としては満足なのではないでしょうか。子供にあまりプレッシャーを掛けることなくできるだけ自然体でがんばれる環境を作っていければ良いですね。

Favorite

サビ取りなら

http://optimallife.jp/?pid=59458391

Last update:2017/1/13

2014 (C) 中学受験成功の秘訣.