中学受験と塾

中学受験では絶対に塾に通わせた方がよいのでしょうか。塾が必要なのかどうかはその家庭の考えもあるでしょうし、必ずしもそうとはいいきれませんが、学校の勉強を超えた出題範囲が中学受験では必要とされる以上、どこか外部の手助けを受けるしかないというのは紛れもない事実です。そしてそのもっとも効率的な手段が塾通いなのです。

 

例えば志望校の情報を親が仕入れ、子供の勉強スケジュールを組み、自宅で毎日子供と一緒に勉強が出来るというならば、家庭で対応できていますので塾に通う必要はまったくありません。市販の教材を使って家で勉強するというのも1つの選択でしょう。しかし、そんな家庭はまれですし、受験の傾向や出題範囲などの情報量は、仕事としてやっている塾には到底適わないでしょう。自分たちでどうにか出来るという自信があれば良いですが層でない限りは塾通いや、家庭教師を考えた方が無難だという結論になるのです。

塾のカリキュラムは優秀

確かに自宅で勉強をし続ける忍耐をもった子供もいるでしょうが、それだけでは必ず不安になってきます。なぜかというと、勉強の内容に不安を感じるからです。自宅で勉強をする場合には勉強の計画も自分たちで立てなくてはなりません。そのとき志望校の出題傾向や、入試日は後何日だろうという細かいデータを含めた上での勉強スケジュールを自分たちはちゃんと立てているだろうか?という不安がどうしても出てきてしまうのです。これは事前情報の出題傾向や、難易度などに不安があるからです。前提が間違っているのでは無いか?という不安がどうしても勉強に対するモチベーションを下げてしまいます。

 

その点、塾は問題ありません。たしかな実績に裏打ちされて情報と、それをふまえたカリキュラムを確実に組んで、受験日から日にちを逆算して合格に間に合うように勉強計画を練ってくれます。しかも志望校によっても勉強内容を変えてクラスをくんだりと、中学受験合格のために後はがんばるだけという状況を作り出してくれるので、子供も迷い無くがんばることが出来るでしょう。

 

そのカリキュラムに乗れなかった子供達はどうなるの?という声もあるでしょうが、よく考えてみてください。受験というのは日にちが決まっています。合格のためには多少無理をしてでもその時間に間に合わせる必要がありますよね。ということは、日にちまで完璧に取り入れた塾のカリキュラムについてこれないということは、厳しい言い方ですが、その時点で志望校合格は絶望的なのです。解らないからと行ってそこで止まっていては合格出来ないのが中学受験というものなのです。それでも遅れているからと行って家庭で時間を費やすよりは、それでも塾に通って必死に食らいつこうとしている子供の方がまだ、合格の可能性があるでしょう。このように塾は中学受験必ず必要というわけではありませんが、通っていた方が何かと便利で、合格の可能性も上がるのではないかということが言えると思います。

recommend

最終更新日:2017/1/24

2014 (C) 中学受験成功の秘訣.