子供と相談しよう

中学受験への道は険しいものです。確かに受験に成功すれば将来的に子供のためになるのかもしれません。しかしだからといって親が勝手に子供の道を決めるのは問題です。もしも、中学受験を考えているなら、必ず子供自身にその意志を確認するようにしてください。中学受験へ向けて努力するのは親ではなく子供自身なのです、その意志を無視していてはもしも成功したとしても、必ずどこかにほころびが出てしまいます。子供自身の意志は何よりも優先するべきものということを忘れないようにしましょう。 

塾に通わせるのはいいけど

中学受験のためには塾通いは、はっきり言って必須といってもよい方法です。しかし、この頃の子供は遊びたい盛りですので、中学受験をさせたくてもなかなか首を縦にはふらないでしょうし、もしも承諾したとしても親の手前しょうがなくということはほとんどでしょう。こんな子供のために塾に通わせるというのは親にとっても、楽な方法に思えるかもしれません。

 

ですが、塾に通わせていれば安心というわけにはいかないのが現実です。塾におとなしく通っているからといって中学受験に本気で取り組んでいるのかはわからないでしょう。塾は子供に取っても、面白い場合があります。学校よりも授業の内容はわかりやすいでしょうし、多くの子供達が通っているため友達も大勢出来るでしょう。喜んで塾に行っているからといって、本気で勉強しているとは限らず、もしかしたら友達と会うためだけに行っている可能性だってあります。もしも、子供の了解をとらずに中学受験に巻き込んでしまった場合はこのような確率も高くなってしまいます。

 

そしてこのような子供は勉強の難易度が上がって行くに従って、やる気を失っていきます。結局は子供に投資したものすべてが無駄になってしまうことにもなりかねませんので、どれくらいの勉強をすることになるのかを正直に伝えた上で、子供自身に選ばせるようにしましょう。

中学受験は家族でがんばる

とはいえこれは正論です。現実的に見て、苦労するのがわかっていて首を縦に振る子供はいないでしょう。承諾得る場合でもやはり親の意志がどうしても入ってしまうのは仕方のないことだと思います。しかし、どんな場合であれ「これぐらいの勉強はする必要がある」ということは必ず子供に伝えておきましょう。そして子供だけに任せず、スケジュールを作ってあげたり、受験に成功した人が周りにいるのなら、その人に成功の秘訣を聞いてみたりと親が出来ることもたくさんあります。塾にいれてそれでおしまいでは、子供はなかなかがんばりません。中学受験は子供だけでなく、家族で目指すべき目標としてみんなでがんばるというスタンスを取った方が子供もがんばれるのではないでしょうか。

 

子供が中学受験をいやがった場合にも、とにかく勉強をやらせるというのでなく。中学受験が何故必要なのかを子供にも解るように説明し、さらに親として何のために中学受験をさせるのかとうこともよく考える必要があります。もしも、親の真剣さや、愛が子供に伝われば、中学受験を受け入れてくれるかもしれません。決して周りの影響などで気軽に決めるのではなく、子供に対する真剣な気持ちで中学受験を見直して見ることをオススメします。

 

Valuable information

2017/1/13 更新

2014 (C) 中学受験成功の秘訣.