中学受験のメリット

中学受験のメリットを考えたときやはり、一番にくるのは学校の校風が良ために子供を安心して預ける事が出来るということがいえると思います。また、有名校ともなればエスカレーター式で大学まで進学するケースがほとんどなため、中学受験で良い学校に入れて後は、学園生活を楽しませたいという親が多いというのも1つの理由です。また、勉強面や生活指導の面からみてもしっかりしており、いじめなどが無い健全な学園生活を期待する人が多いようです。

中学受験は成功してからが本番

中高一貫のメリットは6年間同じように一貫した教育が受けられるため、指導が安定しており、さらに高校受験が無いとういのも大きな魅力です。しかしこの条件は、同時に裏の顔も持っており、もしも相性の悪い先生と当たってしまった場合には6年間もの長い間授業が苦しくなってしまう恐れがあります。さらに、高校受験がないというのも場合によってはその事に子供が甘えてしまい緊張感のないダラダラとした学園生活を送ってしまうと言うことにもなりかねないのではないでしょうか。

 

この緊張感をなくさないために、ほとんどの中高一貫の学校は課題がきつめに設定されています。成績が良くない生徒には進学させないなどの留年の処置をとる学校すらあるのです。中学受験に成功したからと行ってそれで、完全に安心というわけではないということを親は考える必要があるのです。

いじめが少ない理由

中学受験をやって入ってくる生徒は、難関と言われる受験によって選ばれています。すでに競争を勝ち抜いてきているこの生徒達は基本的に競争意識が高く、競争することになれている生徒達がほとんどと言えます。また、そのような環境に身を置いていると元々競争意識の低い人間でも、巻き込まれて自然とそうなっていくものなのです。

 

そのため生活基盤のほとんどを勉強や、部活などの学園生活に持って行かれるため「いじめ」をしている暇のある生徒は必然的に少なくなります。「いじめ」をする理由の1つは他にやることがなく、鬱屈してくるからなのです。中学受験で入るような学校では、課題がきつく、競争意識も高いためどうしても努力をしする必要性が出てきますし、部活や学園祭などの行事にも真剣に取り組んでいるところが多いのです。このように忙しい学園の中で生活が充実してやることが多ければ「いじめ」をする暇がないのですね。

 

さらに学園祭や運動会などの学校行事は一人では準備できないものです。複数の生徒が力を合わせて真剣に1つの目的に向かって準備をするということは仲間意識を高めます。そのような連帯感の中で「いじめ」をする生徒というのはあまり出てこないのではないでしょうか。また、最近では学校側でも「いじめ」に対する危機感が高まってきており、募集の状況にもダイレクトに影響するため「いじめ」があると噂が立てば、原因になった生徒をすぐに退学処分にするという学校も珍しくありません。このような状況では「いじめ」をするのはリスクが高すぎますよね。

おすすめWEBサイト 5選

浜松市の餃子

http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp/

Last update:2017/1/13

2014 (C) 中学受験成功の秘訣.